カテゴリー » デリケートゾーンの黒ずみの原因

デリケートゾーンの黒ずみを美白に改善!どのような方法がある?

デリケートゾーンの黒ずみを美白にする方法・クリームなどの活用

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる人で、美白に何とか変身したいと思っている方も多いでしょう。自分で美白対策する方法もあります。すぐにでもデリケートゾーンの黒ずみを何とかしたいと思っているのであれば、まず生活習慣を見直すことです。生活習慣が乱れていると、肌のターンオーバーがうまくいかなくなって角質が厚くなり、デリケートゾーンの黒ずみを引き起こしやすくなります。ですから無駄に夜更かしをせずに、できるだけ早く床に就いて睡眠時間を確保することです。また栄養バランスが崩れると、肌トラブルを招きやすくなります。そこで野菜や果物なども積極的に摂取して、栄養バランスの取れた食生活を心掛けることも大事です。また下着など衣類による刺激でメラニン色素が多く分泌され、色素沈着を起こすこともあり得ます。そこでできるだけ肌に刺激を与えないような生活習慣を意識することも重要なポイントです。まず自分のサイズにフィットする下着に買い替えてみることです。また素材に関してもコットンやシルクのような通気性に優れたものがいいでしょう。デリケートゾーンの黒ずみが起こりにくくするためにはビキニゾーンに合わせたものではなく、ボクサータイプのショーツなどを身に着けるといいでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみを美白にする方法・生活習慣を見直す

医学・解剖学的にみると、デリケートゾーンはもともとメラニン活性の高い部位といわれています。つまり色素沈着が起こりやすく、黒ずみがもともと発生しやすい場所であるといえます。ですからデリケートゾーンの黒ずみケアは入念に行ったほうがいいのです。もし自宅で簡単に美白ケアを行いたければ、美白クリームが販売されていますのでこちらを使ってみるといいでしょう。ドラッグストアや薬局など、市販で販売されている美白クリームがありますのでこちらを購入して対策する方法があります。しかしできれば通販サイトで販売されている美白クリームの使用がおすすめです。中にはデリケートゾーンの黒ずみに特化したクリームを販売しているメーカーもあります。こちらを使用すれば、より高い効果が期待できるでしょう。口コミサイトなどもチェックして、評価の高い商品からターゲットにしてみるといいです。

デリケートゾーンの黒ずみを美白にする方法・クリニックで治療

自分でいろいろとケアしてみたけれども、思っているような効果がなかったという場合には医療機関を受診してみることです。美容皮膚科であれば、デリケートゾーンの黒ずみの治療を実施しているところが多いです。専門家のアドバイスを受けながら美白ケアを行えば、素人が自分で行うよりも高い効果が期待できます。美容皮膚科で行っている治療法にはいくつかのアプローチがあります。ハイドロキノンを使ったクリームを塗って治療する方法があります。ハイドロキノンは「肌の漂白剤」といわれている成分でメラニン色素を取り除き、将来発生するかもしれないメラニン色素の産生を抑制する効果も期待できます。またクリニックの中には、レーザー治療を行っているところもあります。レーザーを黒ずんでいるところに照射することで、メラニン色素を取り除けます。ただし1回でデリケートゾーンの黒ずみの悩みを完ぺきに解消するのは難しいでしょう。個人差もありますが、だいたい6~12回程度施術を受けると美白に近い状況になるでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみが悩み…その原因はどこにある?

デリケートゾーンの黒ずみの原因・摩擦によるもの

デリケートゾーンが黒ずんでいると、どうしても見た目が汚らしい感じがあります。また男性が黒ずみを見ると、「この娘は遊んでいるのではないか?」このように思うかもしれません。いずれにせよ、あまりいいイメージは持たれないでしょう。なぜ黒ずみが起きるかですが、いくつか原因が考えられます。まずは摩擦によるものです。例えばアンダーヘアの処理をするためにカミソリや毛抜きをよく使う、ナプキンやトイレットペーパーを使った時の摩擦も原因になりえます。このような刺激を受けると、私たちの体は肌を守るためにメラニン色素を生成します。このメラニン色素が色素沈着を起こすと黒ずみになってしまいます。そのほかにも下着が化学繊維でできている、自分のサイズに合っていないパンツを履き続けると慢性的に肌に刺激を与える形になってしまって、黒ずみが起こりやすくなります。

デリケートゾーンの黒ずみの原因・圧迫によるもの

下着のサイズに合っていないことも関係しますが、常に圧迫をつけているとデリケートゾーンの黒ずみの原因となる可能性が高いです。特にデスクワークなどをしていて、座っている時間が長い人だとデリケートゾーンの黒ずみを引き起こす可能性が高いです。座っていると、股間に自分の体重がかかり常に圧迫をつけるような形になります。すると私たちの体は皮膚を守るために角層を厚くします。結果的に皮膚が硬くごわついた感じとなり、黒ずんだような状態になってしまいます。そのほかにも体形維持のためにスポーツをしている人もいるでしょう。中には日常的にジョギングを行っている人はいませんか?健康・美容面ではもちろんいいことなのですが、ジョギングで足を動かすたびにデリケートゾーンがこすれる形になります。その結果、黒ずみやすくなりますので注意が必要です。ほかにもあまりに頻繁にセックスを繰り返していると、こちらもこすれる頻度が多くなります。皮膚が摩擦・圧迫を受けることで徐々に黒く変色する恐れがありますので注意しましょう。

デリケートゾーンの黒ずみの原因・ホルモンバランスの乱れ

仕事や家事の関係で忙しく、不規則な生活習慣を続けている人はいませんか?慢性的に睡眠不足を起こしている、栄養バランスの偏った食生活を続けていると、体に悪影響が出やすくなります。女性の場合注意しなければならないのが、ホルモンバランスの崩れです。ホルモンバランスが崩れると、女性の体にいろいろな影響を与えます。その中でも肌の新陳代謝であるターンオーバーのサイクルが乱れがちになります。本来排出すべきである古くなった角質がずっとそのままとどまってしまいます。すると角質が厚くなって硬い感じになり、デリケートゾーンの黒ずみの原因となる可能性があります。女性の中には顔のスキンケアは毎日しっかり行っている人も多いでしょう。しかしデリケートゾーンのスキンケアを毎日行っているという人は少ないでしょう。あまりじっくり自分のものを見る機会もないので、いつの間にか黒ずみが発生してしまうこともあるわけです。顔だけでなくデリケートゾーンもきれいに洗った後でしっかり保湿をする、規則正しい生活習慣をできるだけ心がけることも大事です。